2004年07月17日

新潟県中部地方の大雨、生まれてはじめての光景

何を思ったか、実家に行ってきた。車で行ったのだが、関越道長岡インターを下りるちょっと前になってすごい雨が降ってきた。周囲はまったく見えず(大げさじゃなくて本当!)、追突するかされるかの恐怖の中なんとか到着。
小走りで5、6歩の場所を傘なしで走り抜けたらそれだけでずぶぬれになった。

しかし、その雨も終わり家族とともに、家の近くにご飯を食べに行った。

しかし、そこですごいものを見てしまった!

そこは、地下道。といっても、全長30メートルほどの短いもの車1台が通る程度の小さいもの。その上には、幹線道路が通っており歩行者もその地下道を利用できる。

その地下道が、水没しているのだ。
子供のころから良く通っていた普通の場所が不思議な光景に変わっていた。このパラレルワールドのような光景をカメラにとらずにはいられなかった。

水害で被害に遭われた方々からするといささか不謹慎かもしれないが、あえてその写真を掲載する。

水没した地下道(歩行者入り口)

水没した地下道(歩行者入り口)


水没した地下道(自動車入り口)

水没した地下道(自動車入り口)

posted by honeyseaweed at 21:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。